【エンプレ通信】稼げる士業・先生業がやっている「2つの事」

Share on Facebook
Share on LinkedIn

年商3000万円突破を目指す士業のための
エンパワープレゼンテーショントレーナー
三橋泰介です。

「士業・先生業のための
ミニセミナー構築講座」

「残席4席」となっています。
お早めにどうぞ。

http://empresentation.com/?page_id=443

 

士業・先生業というのは
普通の人たちからすると
ちょっと敷居が高い仕事に
感じられていることが多いです。

一目置かれる

という立場は

「先生」と呼ばれる仕事をしている以上

致し方がない面もあります。

ですが、
距離感を間違えると
「近づきがたい」といった
こちらの望まない印象にもなりますよね。

ぐっと相手に近づいて
信頼構築に結び付けてこそ
お客様とのいい関係が築けるというもの。

だからこそ、
士業・先生業の人には

「話した相手が自分を好きになってしまう方法」

を身に着けておいてほしいと思います。

特別な能力やスキルは
全く要りません。

これだけしっかり
意識してもらえれば
OKです。

明るい声と、
笑顔を意識すること

たったのだけ2つです。
なに、当たり前のこと
言ってんだ、と思いました?

でもね
士業・先生業って

不機嫌キャラの人が多すぎ・・・

そして、
私が知る限り
稼げる士業・先生業の人は
実際に明るい声で話し、
笑顔での対話ができています。

 

日本で「先生」と呼ばれる人は
非常に多くなり、
勝ち抜く決定的要因となるものは
資格でも肩書でも実績でもなくなりました。

 

結局最後は

お客様に愛される「先生」が
継続的に稼いでいける

コレなんですね。

士業・先生業の人に
会いにくる相手のほうが
緊張してしまうもの。

「いい先生に出会いたいな、
相談しやすい先生でありますように!」

と願いながら
出会いの日を迎えるわけです。

 

相手から見た自分は
どんな印象なんだろうか?

自分の姿を客観的に
捉えてください。

敷居が高そうと感じたなら
その敷居を下げてくれる印象を
相手に与えるだけで

「自分に寄り添ってくれている!」

と相手の中に好印象が生まれます。

明るい声と笑顔、
嫌だという人はいませんよね?

偉ぶっているつもりが
一切なかったとしても
「士」「先生」というのは
そういうものだと世間からは
思われがちの職業。

こちらから歩み寄る姿勢を
「声」と「笑顔」で
表現するということを
士業・先生業のあなただからこそ
覚えておいてほしいなと思います。