士業や先生業で効果的に動画を使う

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

今日は

朝一番から
Skypeミーティング。

 

 

さらに、そこから
急に師匠から電話がかかってきて・・・。

と突発を
繰り返してます(笑)

 

 

 

日中はあの

著書「年収1億円思考」が
シリーズ30万部のベストセラーになった
江上治さんとミーティングし、
急遽、夜も会食に
呼んで頂く幸運を!!!

今から楽しみです。

 

 

で、

そんな江上さんから
質問をもらいました。

 

 

「三橋くん、
動画って、結局

 

何に使うのが良いの??」

と。

 

 

江上さんは、さすがです。
ずばっと本質を突いてきます。

 

 

確かに、
動画はたくさんの使いみちがあって
それを絞りきれていない人が
多すぎる印象です。

 

 

とりあえず動画を撮る、
これはダメです。

 

きちんと用途がある。

では、まとめてみましょう!

 

ビジネス用途、というところで
限定してみますね。

(おもしろ動画とか、
 ●●やってみた、とかは外します)

 

 

ずらっと並べると・・・

 

━━━━━━━━━━━━━━

1・新規集客用の動画

 

2・信頼を深めるための動画

 

3・ブランド力があがる動画

 

4・コンテンツ提供動画

━━━━━━━━━━━━━━

 

このあたりですね。

 

 

この4つは
それぞれ
「作り方」や
「制作費」や
「撮影時間」が全然変わってきます。

 

 

逆に、
きちんと

 

「何に使うのか?」

 

を戦略的に考えた上で
動画を撮影していかないと

 

余計なコストばかりかかって
効果がほとんどない・・・
という悲しいことになってしまいます。

 

 

私が今、
Youtubeに取り組んでいるのは

(1)と(2)のためですね。

 

 

(1)新規集客用

 

(2)信頼を深めるため

 

 

 

三橋のことを
Youtubeでたまたま見かけるため、

すでに三橋のことをご存知の方のために
動画をアップしています。

 

最近は
「Youtubeで初めて
 三橋さんのことを知りました」
と言っていただけるようになりました。

嬉しいことです。

 

 

やはり
文章だけでお伝えするよりも

 

・より多くの情報が届く

 

のが一番のメリットでしょう。

 

 

声、外見、話し方
雰囲気、など

 

トータルの人間的な部分

 

非常に「濃く」伝わるのが

動画の特徴ですね。

 

 

逆に「リスク」となるのが
余計な情報まで
伝わってしまうことです。

 

・怪しい・・・
・なんか変な人?

 

なども、伝わります。

 

ネガティブなイメージ
がっちり伝わるのが「動画」です。

 

まあ、当然といえば当然ですよね。

文章よりも
動画の方が
「ウソをつけない」わけで。

 

だから「信用」できる
メディアなんです、動画は。

 

 

動画を使えるかどうかで、

士業や先生業の
2015年以降のビジネスが
大きく変わっていきますよ。