士業・先生業である思いなど、「自分のこと」を発信するための声を出そう

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

愛は地球を救う・・・ではありませんが、

 

 

「声は世界を変える」

ことができます。

 

 

はい、断言します。

 

 

話し方について

色々な「○○力」ということを

いくつかお伝えしてきました。

 

 

プレゼン力

説明力

企画力

コミュニケーション力

 

 

などなど、

これらの力は

あることを始めないことには

ついてこないものなんです。

 

 

では

これらの力を身に付けるために

まず始めることとは?

 

 

それは

 

声を出すこと

 

です。

 

 

発声の話?

ではありませんよ。

 

 

 

話す力を身につけたいなら

 

自分から話す機会を設ける

のが一番手っ取り早い。

 

 

誰かのノウハウ、

私のノウハウでもいいですが、

聞くだけ聞いて何もしないのでは

自分のなかに落とし込めません。

 

 

英会話と似ているところですが、

耳から聞いているだけでは

「分かった」とは言えないからです。

 

 

目から情報を入れるだけであっても

同じことですよね。

 

 

見て聞いてきたら

声に出して実践するのが

話し方の達人への近道。

 

 

そして、

声を出す

ということにはほかの意味も。

 

 

士業や先生業をやっている思いなど、

 

自分のことを発信する

ための声

 

 

です。

 

 

自分が何をしているのか、

自分が何者なのか、

自分が成し遂げようとしていること、

などなど。

 

 

たまにいるんです。

こっそり起業してました、なんて人が。

 

 

こっそり起業されても・・・

わからないです。

 

 

声を出さないと、

存在していながら

存在していない人に

なってしまいます。

 

 

声を出すというのは

人によっては

勇気がいることかもしれません。

 

 

ですが、

まずは声を出してください。

 

 

声を出したらどうなるか。

 

 

 

世界が変わりだします!

これまでセミナーをやってきて

結果を出した生徒さんたちは

声を出し続けました。

 

 

小さな声からスタートしても

いいんですよ。

 

 

大勢の人に声を届けたいなら

届くまで声を出し続けることです。

 

 

継続は力なり、っていうアレですね。

 

 

声を出すことで自分の世界も

変わりだしますが、

その声を聞いた人たちも変わるんです。

 

 

なので

自信を持って

あなたのことを声に出して

伝えてもらえたらと思います。