士業や先生業がクライアントの悩みを聞き出すためには、相手を好きになることから

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

良いセミナーを聞くと


 
「行動したく」なりますね。

 

良いセミナーの条件です。

「行動が変わるかどうか」は。

 

 

私のプレゼン・話し方セミナーも

参加者の方に「ためになったよー」

と言われるよりも

「行動したくなりました!」と

言われたいです。

 

 

それが「伝える側の義務」だと

思っていて。

 

 

セミナー講師養成講座の

受講生にも必ず

 

「行動を変えるように」

口を酸っぱくして伝えています。

 

 

で・・・

 

 

昨日書いた

「聞くことは

 話すことよりも難易度が高い」

ということにも、これは実はつながります。

 

 

話すことより、聞く、

つまり

 

「質問する」ことって

すごく難しいんです。

 

 

アナウンサーとして

一流の芸能人や

スポーツ選手に対して

インタビューを続けてきたものとして

感じることです。

 

 

ぶっちゃけ、原稿読んでいる方が

どれだけ楽だったか・・・。

 

 

じゃあ、

「質問」って

どうやって「生み出せばよいのか?」

というお話です。

 

 

これですね。

本質的な話しからしますね。

 

 

それは

━━━━━━━━━━━━━━

なぜ相手に

質問する必要があるのか?

━━━━━━━━━━━━━━

 

ということです。

 

 

なぜ?

別に聞かなくてもいいじゃないですか。

 

 

でも「質問」して

「聞く」方が良い。

 

 

なぜか???

 

 

理由は、もちろん

場面や相手によって違いますよね。

 

 

例えば目的としては

士業や先生業だったら、

 

・クライアントの悩みを聞き出すため

・仲良くなるための人間性を聞き出すため

 

 

なんかがあると思います。

 

 

その「質問する目的」が決まって初めて

質問を考えられます。

 

 

目的は様々だとは思いますが

我々アナウンサーが

インタビューする質問項目を考えるとき

最も大事にしていることが「1つ」あります。

 

 

この「1つ」が欠けていると

絶対に良い質問、インタビューの時間にはなりません。

 

 

その

「質問を考えるために

 大事なたった1つのこと」

とは何かといえば・・・

 

 

 

それは・・・

・・・

・・

━━━━━━━━━━━━━━

相手を好きになること

━━━━━━━━━━━━━━

です。

 

 

はい。

以上これだけです。

 

 

相手を好きになる。

これは別に恋愛ってことじゃなくて

LIKEの意味です。

 

 

好きになる。

 

 

つまり「興味関心を深く持つ」

ということです。

 

 

 

これが無いと

絶対に良いインタビュー・質問はできません。

 

 

だって、道を歩いている人は

あなたにとって「興味関心」もないし

ましてや「好き」なわけがない。

 

 

だから、何を聞いてよいかわからないし

質問する意味もない。

 

 

だから質問なんて思いつかない。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━

まず、目の前の相手を好きになり

興味関心を持つこと。

━━━━━━━━━━━━━━

 

これがまずは

質問上手の第一歩と言えます。

 

 

ぜひぜひ

意識して「質問」を考えてみてください。