自慢話には士業や先生業の成功のカギが隠れている

Share on Facebook
Share on LinkedIn

起業家が大勢集まると


 
必ず聞けるのがこれ。

 

自慢話。

 

 

自慢話がどこからともなく

聞こえてきたときは

「聞いといて!」

って思っちゃうんですね。

 

 

よく

自慢話は鼻摘みモノのような

言い方をされます。

 

 

ですが、

解釈の仕方によっては

最高の話なんです。

 

 

なぜかというと、

===========

自慢話には

成功のカギが隠れている!

===========

からなんです。

 

 

起業して

たった一年で年収○億になった話とか、

数ヶ月で売上を倍にしたとか。

 

 

その結果の裏側には

その結果を出すための

ノウハウが必ずあります。

 

 

ぼんやり

自慢話を聞いてるだけでは

確かにつまらないかもしれません。

 

 

自慢話をつまらなくするためには

どうしたらいいのか?

 

 

というと、

簡単です。

 

 

興味を持って話を聞く。

これだけ。

 

 

興味を持って聞いていると

たくさんの質問が

自分の中に生まれます。

 

 

・どうしてその問題点に気づいたの?

・そのアイデアはいつ浮かんだの?

・何がきっかけで始めたの?

 

 

と質問攻めしたくなるくらい

上がってくるんです。

 

 

自慢話をしてくれる人は

自分が持っていない視点をもち、

過去の経験も違います。

 

 

じっくり話を聞くことで

 

もしかしたら士業や先生業にも応用できる

かもしれない!

 

なんてことも見つかります。

 

 

そして、

その質問を投げかけたとき

相手がどう反応するかというと・・・

 

 

快く答えてくれちゃいます。

 

 

誰しも

興味を持って

身を乗り出して聞いてくれるって嬉しいんですよ。

 

 

ただの自慢話を

 

最高のヒント集にするかしないかは

聞く側にかかっています。

 

 

おかしなノウハウ本を読むよりも

もっと現場に近い、

実践しやすい方法が

目の前にあるわけです。

 

 

自慢話として。

 

 

目の前で自慢話をする人がみっともない?

 

 

いやいや、

してくれる人がいたら

ノウハウを提供してくれてると

思って聞いちゃいましょう。

 

 

お互いにとてもいい気持ちで

いい時間を過ごすことができますから。

 

 

私に会う機会のある人は

ぜひ私の自慢話も聞いてくださいね!